無添加で天然素材の葉酸サプリの安全性を紹介します

無添加で天然素材の葉酸サプリってほんとに安全??

妊活中や、妊娠している女性が口にするものは、そのまま赤ちゃんの体の形成に使われるので、なるべく安全で安心なものがいいですよね。赤ちゃんの体の形成に必須とされる葉酸も、安全なものがいいですよね。

 

葉酸サプリの中には無添加で天然素材からできているものがあります。はたしてこれは、赤ちゃんにも安心・安全なものなのでしょうか?何が無添加だとよいか、天然素材の葉酸サプリや、本当に安全で必要な栄養素が摂れる葉酸サプリを紹介します

 

→無添加で安心な葉酸サプリベスト3はこちら

無添加で天然素材からできていると言って、安全なサプリとは限らない

葉酸サプリには、無添加、天然素材出てきているから安心!というキャッチコピーのものもありますが、『無添加・天然=安全』というわけではありません。安全なサプリを見極めるポイントをまとめました。

 

何が無添加なのかを理解しておこう

サプリメント
葉酸サプリの中には、”無添加”を強調しているものがありますし、”無添加”と書いてあると、なんとなく安心なイメージがあります。しかし、何が無添加なのかをきちんと読んでおきましょう。葉酸サプリには、成分を固めたり、サプリの表面をつるっと飲みやすくするための添加物が入っています。

 

完璧に添加物がないと、飲みにくく、品質も下がってしまいますし、添加物には無害なものもあります。一概に”無添加”と言っても、何が無添加なのか詳しく見ていかないと、そのサプリの安全性や品質はわかりません

 

入っていない方がよい添加物には、以下のようなものがあります。
これらの添加物の中には、摂取するとがんになる可能性のあるものがあり、胎児に影響が出ることもあります。

 

例)香料、着色料、保存料、発色剤、漂白剤、防カビ剤、膨張剤、光沢剤、甘味料、苦味料など

 

 

天然葉酸より合成葉酸がよい

ほうれんそう
”天然”という言葉は、安全なイメージがありますが、葉酸に関しては天然葉酸よりも合成葉酸のほうがよいです。葉酸には、ポリグルタミン酸型の天然葉酸とモノグルタミン酸型の合成葉酸がありますが、天然葉酸は体内での吸収率が50%ほど、合成葉酸は85%ほどあります。

 

同じ量の葉酸を摂っても、体内に吸収される量が異なるので、厚生労働省は合成葉酸を1日400μg摂取することを推奨しています

 

どんな材料を使ったかだけでなく、どんな検査をしたかも重要

試験管
葉酸サプリは、天然素材か合成素材かという、どんな材料を使って作られているかだけでなく、完成したあとにどんな検査をしているかが重要です。使っている素材が天然の野菜の場合、放射性物質や農薬がついているかもしれません。完成したあとに残留農薬の検査や、放射性物質の検査を行い、基準値をクリアしていることがよいでしょう。

 

安定した品質で作られているか、GMP認可工場であるかが重要

工場
GMPとは、「Good Manufacturing Practice」の略で、医薬品などの工場における品質管理、製造管理の基準のことです。原料の入荷から製造、出荷までの過程において、製品が「安全」に作られ、「一定の品質」が保たれるように定められています。

 

医薬品だけでなく、化粧品やサプリメントもGMPが導入されています。葉酸サプリも、製造時期によって栄養素が異なったり、体に悪い農薬などが残っていたら飲みたくないですよね。GMP認可工場は、安全に作られ、品質が保たれているので安心です。

無添加で安心な葉酸サプリベスト3


これまでに紹介した、安全で安心なサプリを見極める方法を使って、どの葉酸サプリが安全かをベスト3にまとめました。

 

プレミン

プレミンのおすすめポイントは、高い安全性です。他の葉酸サプリはGMP認定工場で製造されているのに対し、プレミンはGMPよりさらに厳しい基準を持った、NSF GMP工場で製造されています。成分は栄養素を固めるための成分まですべて原産国と最終加工国を開示しています。なるべく国産の成分を使い、国産が存在しないものは先進国を選んでいます

 

香料、着色料、保存料などが無添加です。葉酸は、天然葉酸ではなく、吸収力の高い合成葉酸を400μg配合しています。ビタミン、鉄、カルシウムなどの栄養素も豊富に入っていて、妊娠初期〜後期まで飲むことができる葉酸サプリです。

 

プレミンについて詳細はこちら>>>

価格 無添加なもの 安全性

定価5,980円(税込)
ポストにお届け定期便なら
3,880円(税込)

トランス脂肪酸・保存料
着色料・カフェイン
防カビ剤・香料
甘味料・苦味剤

NSF GMP工場で製造

ママニック

ママニックは、着色料、香料、保存料などが無添加で、GMP準拠工場で製造されています。原料の受け入れから製造・出荷まで、製品が安全に作られ、一定の品質を保つようになっています。残留農薬試験、放射線濃度検査どちらも基準の値をクリアしていて安全です。葉酸は、天然葉酸ではなく、体内での吸収率が良い合成葉酸を400μg配合しています。

 

さらに、鉄、カルシウム、12種類のビタミン、14種類のミネラル、3種類のアミノ酸、ヒアルロン酸やツバメの巣など8種類の美容成分、乳酸菌、8種類の野菜が入っています。妊活中から妊娠中まで飲むことのできるサプリです。妊娠に必要な栄養だけでなく、美容成分も入っているので、肌荒れしやすい妊娠中にもおすすめです。

 

ママニックについて詳細はこちら>>>

 

価格 無添加なもの 安全性

定価5,400円(税込)
定期便なら30%オフ
3,780円(税込)

着色料・香料
人工甘味料・保存料
膨張剤が無添加

GMP工場で製造

ベルタ

ベルタ葉酸は、酵母葉酸を使っているのが特徴です。酵母葉酸とは、もともと合成葉酸だったものを効率よく摂取するため、酵母で発酵培養させた栄養価の高いもので、天然葉酸ではありません。天然型酵母葉酸とベルタのページに書かれていますが、モノグルタミン酸型の合成葉酸です。普通の合成葉酸と違って、酵母葉酸は、体内に長く滞在することで、効率よく葉酸を摂取できます。

 

また、GMP認定工場で原料の受け入れから、製造・出荷まで18のチェック工程を行っています。酵母葉酸400μgだけでなく、鉄分、カルシウム、21種類の野菜、27種類のビタミン・ミネラル、20種類のアミノ酸、6種類の美容成分が含まれています。妊娠中の肌荒れのために嬉しい成分も入っているところもおすすめです。

 

ベルタについて詳しくはこちら>>>

 

価格 無添加なもの 安全性

定価5,980円
定期便なら
3,980円(税込)

香料・着色料
保存料・香料発色剤
漂白剤・防かび剤
膨張剤・苦味料・光沢剤

GMP工場で製造

無添加・天然だからといって安心・安全というわけではない

このように、無添加・天然だからといって、その葉酸サプリが安心・安全というわけではありません。”無添加・天然”という言葉を付けておくと、なんとなく安心だなというイメージを持ってしまうだけです。

 

本当に天然なものしか食べたくない!という方は天然葉酸がいいかもしれませんが、合成葉酸の方が体内での吸収率が高く、厚生労働省も合成葉酸の摂取を推奨しています。合成だからといって、決して体に悪いわけではありません。

 

”無添加”という言葉も、ただなんとなく安心なイメージがあるだけで、何が無添加なのか、添加物は安全なものが使われているかを調べておきましょう。そして、1番チェックすることは、材料の調達から出荷まで、安全に作られているかということです。それは、GMP認定工場であるか、残留農薬や放射線の検査をしているか、ということからわかります。

 

”無添加・天然”のサプリは安全だという安易な考えはやめて、本当に安心・安全なサプリを判断できるようにしましょう。

 

今まで紹介した判断基準で見ると、NSF GMP工場で製造されたプレミンが最も安心・安全な葉酸サプリです。

 

No.1安心サプリメント プレミンについてはこちら>>>